ハチミツには、良質なビタミンが含まれています。 ビタミンは微量で体の生理機能を調節し、代謝を円滑にする働きをしています。ですが、体内では合成されないため、食品として摂取しなければなりません。 またビタミンには「活性型」と「不活性型」があり、ハチミツに含まれるビタミンは92%が活性型で、不活性型のビタミン剤を大量に服用するより効果が高いことがわかっています。 つまり、ビタミン剤を服用するよりも、ハチミツを食べたほうが効果的だといえます。

 

さらにハチミツには、27種類のミネラルと、22種類のアミノ酸、80種類の酵素、ポリフェノールやパロチンなど 150種類を越える成分が含まれています。

ハチミツに含まれているビタミン類は、ビタミンB1、B2、B6、葉酸、ニコチン酸、パントテン酸、ビタミンC、ビタミンK、ビオチンなどがあり、ミネラル類としてはカリウムを多く含んでいる他、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、亜鉛、鉄、銅、マンガンなどです。

●カロリー

ハチミツのカロリーは白砂糖と比べると約3分の2程度で、ハチミツは100gで294キロカロリーなのに対して、白砂糖は100gで384キロカロリーです。甘味度合いを比較すると、白砂糖を100とするとハチミツは130で、ハチミツの方が1.3倍甘さを感じやすいという結果です。


●美肌

ハチミツはビタミンB群が豊富なので、肉体疲労や肌荒れにも効果的で、ビタミンCも豊富なので美肌作りには最適と言われています。しかも、むくみを改善してデトックス効果があるとされるカリウムや、便秘解消に効果的なオリゴ糖も豊富です。ほかにも、貧血を防止して血色の良い肌を作る銅や鉄分が豊富です。

 

●整腸作用

ハチミツに含まれるオリゴ糖は、整腸作用があることから、慢性的な便秘や下痢などといった症状の緩和や改善といった効能もあるとされています。

 

●疲労回復

ハチミツの主成分はぶどう糖と果糖で、構造が単純な単糖類なので、体内に入ると短時間で吸収されて血管に入り込み、胃腸に負担も掛からず栄養分となります。このような特徴から、身体が弱っていたり疲れが溜まっている時や、スポーツなどの運動後の肉体疲労などに対して、ひじょうに効率良く栄養を吸収することができ、急速に効果的な疲労回復が期待できます。

 

●高血圧予防

ハチミツにはミネラル類が豊富に含まれていますが、その中でも特にカリウムが多く含含まれています。カリウムは「自然の降圧薬」などとも称され、余分な塩分を排出して、血圧を下げる効果があるので、高血圧の予防に効果的であるといわれています。

 

●咳止め

これはハチミツが持つ強い殺菌力が呼吸器系細菌の増殖を抑えるため、咳止めに有効に作用するといわれています。他にも痰の切れを良くしてくれるといった効能もあるそうです。